クレジットカード換金で個人情報が流出

クレジットカード換金のトラブル
Home » トラブルガイド » クレジットカード換金で個人情報が流出
トラブルガイド | 03月08日更新

クレジットカード換金で個人情報が流出

クレジットカードを利用して換金を行う場合、業者選びが最も重要だと言えるでしょう。
その理由はいくつかあるのですが、悪徳業者を利用したことで、個人情報が流出してしまうこともあるのです。
管理がおろそかで個人情報が流出することもありますし、わざと個人情報を他の業者や組織などに流している可能性もあるでしょう。
このようなトラブルを回避するためには、信頼できる業者を利用するしかありません。

個人情報が流出してしまうと、さまざまなトラブルに巻き込まれるケースもあるのです。
例えば全くカードを使用した覚えがないのに、クレジットカード会社から請求が来ることもあります。
第三者が利用者に成りすまして勝手にクレジットカードを使い、持ち主に請求が来るというトラブルは比較的多いので、十分に注意しないといけません。
架空請求が来てから対策を立てても、解決できる可能性は低くなっているのが現状です。

では、被害を受けたらどのように解決していくのかというと、まずは本当に自分が利用していないか確認をしてみましょう。
自分では利用していないと思っていても、実際には自分で利用していたということもよくあります。
クレジットカード会社の中には、忘れた頃に請求をしてくることもあるので、いつどのような物を購入したのか、どのようなことに使ったのかをメモして控えておくとよいでしょう。
そうすればこのような間違いを防ぐことができます。

よく調べても全く身に覚えがない場合には、クレジットカード会社に相談してみましょう。
もし現金化を行っていた場合には、相談をすることで発覚してしまうことも多いのですが、被害の拡大を防ぐためには仕方がありません。
クレジットカードの換金を行ったことが知られたくないからとそのまま放置しておくと、もっと被害が拡大してしまい、警察沙汰になる可能性もあります。
よって放置だけは絶対にしてはいけませんし、現金化をした際に使用した業者についてもきちんと知らせておくことで、被害を防ぐだけではなく、加害者の逮捕に繋がる場合もあるのです。

top