クレジットカードの換金を行う場合の注意点

クレジットカード換金のトラブル
Home » トラブルガイド » クレジットカードの換金を行う場合の注意点
トラブルガイド | 03月08日更新

クレジットカードの換金を行う場合の注意点

クレジットカードの換金を行う際には、最初に注意点を調べておく必要があります。
自分で現金に換える方法と、業者を利用して現金に換える方法の2つがありますが、双方とも注意点があります。

まずは業者を利用する場合の注意点を見ていきましょう。
業者を利用する場合の注意点は、悪徳業者に引っかからないようにすることです。
悪徳業者に引っかからないためには、事前の情報収集が重要になります。
情報収集で重要視するべき点は、実際に利用した人の口コミや体験談を参考にするのが最もよい方法です。
ただし、業者のホームページに記載されている体験談や口コミは、参考にするべきではありません。
なぜならよい内容の口コミしか載せない場合が多いからです。
必ず第三者が作成した体験談や口コミを参考にしましょう。
後は換金率の比較や、事前に問合せを行い、回答の内容やスピードである程度良し悪しを判断することができます。

次に自分でクレジットカードの換金を行う場合の注意点を見ていきましょう。
自分でクレジットカードの換金を行うときに注意するべきことは、カード会社に発覚しないようにすることです。
よく目を付けられる商品には、ギフトカードや商品券、ゲーム機やブランド品があります。
まとめてたくさん売ってしまうと、より発覚しやすくなりますし、短い期間に連続して売ってもいけません。
1度である程度高い値段が付く商品を売るのがよいでしょう。
1回では十分な現金化ができないのであれば、商品を売る業者を変えるという手があります。

できればショッピング枠の現金化は避けるべきですが、どうしてもすぐに現金が欲しい場合には、この方法が最も手っ取り早いので、利用したくなる場合もあります。
どうしても利用しなければいけなくなったときのみ利用して、後は普通にキャッシング枠を利用するのがよいでしょう。
もしショッピング枠の現金化が発覚してしまうと、クレジットカードの利用停止処分となります。
もちろん強制解約もされてしまうので、よく注意点を把握しておくことも大切です。

top