クレジットカード換金のトラブル

クレジットカード換金のトラブル

クレジットカードの換金で発生する可能性のあるトラブル

クレジットカードの換金というのは、簡単に言えば現金化することです。
クレジットカードの換金は、カード会社の規約では違反となっているので、カード会社とトラブルになるケースもあります。
規約ではクレジットカードの利用停止処分及び強制解約となるので、もし発覚すれば完全に使用できなくなります。
トラブルを回避する最もよい方法は、クレジットカードの換金をしないことですが、どうしてもすぐにお金が必要になる場合もあるでしょう。

▼ 目次

まずはクレジットカードの換金について説明します。

クレジットカードにはショッピング枠とよばれているものが存在しているのです。
お金を引き出す場合には、ショッピング枠ではなくキャッシング枠を利用しなければいけません。
キャッシング枠はその名の通りにお金を借りるために使用できる枠なので、このような枠が存在している以上、ショッピング枠を現金に換えることは規約違反なるわけです。

それに対してショッピング枠は、クレジットカードを使って商品を購入する枠になります。
近年はインターネットを使ってオンラインショップを利用する機会も多いでしょう。
もちろん普通の実店舗でも使用できる店がたくさんあります。
このような店を使って商品を購入し、その商品を即買取してもらい、現金に換えてしまうのがクレジットカードショッピング枠の換金、もしくは現金化と呼ばれている方法なのです。

いくつかポイントを抑えておきましょう

クレジットカード現金化を行う際は、いくつかポイントを抑えておく必要があります。
1つ目はクレジットカードの現金化を事業としている業者に依頼する方法です。
木を隠すのなら森の中という言葉があるように、木を隠すなら木が全くない隠し場所よりも、木がたくさんある森の中に隠した方がわかりにくいという意味の言葉です。
これと同じように、クレジットカードの換金を行うならば、クレジットカードの換金を商売にしている業者を利用するのが最も発覚しにくい方法だと言えるでしょう。

クレジットカードの換金を行うもう1つの方法と言えば、自分で物を購入し、購入した物を業者に売って現金を手にするという方法がよく知られています。
しかし、購入した金額よりも高く売れる可能性は極めて低いのですが、特定の商品は定価よりは安くなるものの、ある程度高く売れることが多いのです。
例えばブランド品やゲーム機、ギフト券や商品券などがあります。

これらの商品は、買取をしてくれる店もたくさんありますし、店によっては高額買取をしてくれることも珍しくはありません。
売る人が多いから店もたくさんあり、少しでも多くの人に売ってもらいたいので、その分高値で買取るようにしているのです。
このような商品というのは、カード会社もしっかりと目を光らせているので、短期間で何度も利用すると、発覚してしまうリスクが高いと言えます。

発覚しにくくするためには、同じ店で何度も商品を購入しないことです。
特に短期間でこのような購入方法を行うと、より発覚するリスクが高まります。
売る場合にも、高く売れるからと言って短期間に何回も同じ店を利用することで、発覚してしまうこともあるでしょう。
自分でクレジットカードの換金を行う方法は、還元率を高くすることが可能ですが、発覚するリスクが高くなるというデメリットがあります。

逆に業者を利用して換金を行えば、換金率は少し低くなるものの、あまり手間もかかりませんし、カード会社に発見される危険性も低くなるでしょう。
しかし、現金化業者の中にも悪徳業者が存在しています。
悪徳業者に依頼をしてしまうと、カード会社に見つかってしまうよりも被害が大きくなりますし、トラブルに巻き込まれてしまう原因にもなるでしょう。
このようなデメリットもあるので、業者に依頼する場合にはしっかりと情報収集を行い、悪徳業者に引っかからないようにしないといけません。

よい業者を利用したからと言って、必ずしもカード会社に発見されないという保証はありません。
よい業者を探せばトラブルに巻き込まれる危険性は殆どなくなるでしょう。
業者を利用して換金する場合には、業者選びを最も重要視するべきです。
万が一クレジットカードの換金を行ったことが発覚した場合、カードの利用停止と強制解約以外には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
法律に違反しているということはないのでしょうか。

さいごに

日本の法律というのは曖昧な面が非常に多く、禁止していても刑罰が科せられないという決まりも多々あります。
クレジットカードの換金もグレーゾーンとなっているので、業者が利用者を騙した場合などは別ですが、現金に換えたことが発覚しても、特に処罰されることはありません。
業者選びなどで失敗するとトラブルに巻き込まれる可能性はあります。
利用停止や強制解約以外の処分を受けることはありませんが、同じカード会社でまた契約するのは難しいでしょう。
別のカード会社であれば契約できる可能性がありますが、ショッピング枠の換金は十分に気を付けておこないましょう。

top