温故知新トップページ»「治療家」のための明日から本当に使える「現場実践型」セミナー 〈骨盤調整の基礎+テーピング〉第1回

4月26日(日)開催!「治療家」のための明日から本当に使える「現場実践型」セミナー 〈骨盤調整の基礎+テーピング〉第1回

逆境の中で「選ばれる治療家」になるために

「温故知新」でも連載中の柔道整復師 山田敬一先生は約90%の新規患者さんが紹介での来院という「来院スパイラル」を実現している治療家です。 供給過多、飽和状態、価格競争に陥っている治療業界の中で患者さんから選ばれる治療家になるための工夫を、自身の実例とともに紹介しました。

  • 講演する山田先生
    ▲講演する山田先生
  • 熱心に話を聞く来場者
    ▲熱心に話を聴く来場者
  • 実技指導にも熱が入る
    ▲実技指導にも熱が入る

手技実技指導!

セミナーでは実技指導も行われました。
サイモン山田式インサイドボディエステ

テーピング実技指導

「貼られている感じがしないのに調子がよくなるのが理想的」「最小の枚数で最大の効果を」と語り、テーピング初心者にもわかりやすく、かぶれたり剥がれたりしないように、テープの持ち方、切り方、貼り方を丁寧に説明していました。

「外科医 玉川洋先生」とのトークディスカッション

セミナー後には、本誌で連載中の外科医 玉川先生がゲストとして登場し、来場者も交えてのトークディスカッションが行われました。
主に話題に上がったのは医師と柔道整復師の相互理解についてでした。詳しくは「月刊 温故知新vol.12」をご覧下さい。

山田先生(左)と玉川先生(右) 山田先生(左)と玉川先生(右)

ページのトップへ戻る