温故知新トップページ»「治療家」のための明日から本当に使える「現場実践型」セミナー 〈骨盤調整の基礎+テーピング〉第2回

6月7日(日)開催!「治療家」のための明日から本当に使える「現場実践型」セミナー 〈骨盤調整の基礎+テーピング〉第2回

逆境の中で「選ばれる治療家」になるために

今回も講師を務めた柔道整復師 山田敬一先生は約90%の新規患者さんが紹介での来院という「来院スパイラル」を実現している治療家です。 「紹介スパイラル」を実現するには、「怖いけれど、自分から患者さんを選ぶということも必要」と山田先生はいいます。
自身との相性が良い患者さんに「好きな人だけ紹介してもらう」ことで「相性のいい人とだけ仕事をする」状態を作れているのだそうです。
自費治療を広げていくためにも、既存患者さんを大切にして、紹介の輪を広げていくことが重要になるといいます。

  • 講演する山田先生
    ▲講演する山田先生
  • 熱心に話を聞く来場者
    ▲参加者のリクエストに答える山田先生

テーピング術伝授

セミナーでは実技指導も行われました。
今回は、参加者のリクエストに答える形で山田先生が手技を披露しました。
「足の突き指」や「外反母趾」など、臨床の現場で手こずっている症状や、参加者自身の身体症状に対して、山田先生がテーピングを用いながら実演を交えて対処法を指導しました。

ページのトップへ戻る